機能材料事業

フェロマンガン

マンガン酸リチウムはリチウムイオン電池の正極材料として、フェロボロンはアモルファス合金やNdFeB磁石の素材として、CO2削減に寄与する省エネ機器を土台から支えています。
リチウムイオン電池はEV(電気自動車)、HEV(ハイブリッド車)、の動力源やスマートグリッドを支える電力貯蔵に、アモルファス合金は高効率変圧器に、NdFeB磁石はEV、HEVや風力発電機のモーターに用いられ、環境調和型社会の建設に貢献しています。

機能材料製品のご紹介

マンガン酸リチウム

マンガン酸リチウム 大型リチウムイオン電池 用途イメージ 中型リチウムイオン電池 用途イメージ 小型リチウムイオン電池 用途イメージ

マンガン酸リチウムは、リチウムイオン電池の正極活物質です。
コバルト、ニッケルのような希少金属ではなく、マンガンという豊富な資源を主原料としており、コストパフォーマンスも高く注目が集まっております。当社製マンガン酸リチウムは、加えて、長寿命と高い安全性で、幅広い用途で使用されています。

主な用途

量販の開始された電気自動車やハイブリッド車へリチウムイオン電池の搭載が始まっております。
中でも当社のマンガン酸リチウムは、独自の技術により、寿命特性が大幅に向上し、車載用のリチウムイオン電池向けとして高い評価を頂いております。
さらに、今後需要の拡大が見込まれるスマートハウスやスマートグリッドなどの蓄電用についても最有力候補となっております。

フェロボロン

フェロボロン

当社のフェロボロンは、さまざまな省エネ機器を支える機能材料の素材として用いられ、エネルギー効率の向上に貢献しています。

主な用途

  • 電力損失の極めて少ない高効率トランスの鉄芯として使われるアモルファス合金
  • ハイブリッド車のモーターや風力発電機などに使われるネオジム・鉄・ボロン磁石

酸化ジルコニウム

酸化ジルコニウム

当社の酸化ジルコニウムは、一次粒子が約20ナノメータと極めて微細で、かつ高純度です。
IT機器を支える電子部品などの素材として用いられ、その高機能化に貢献しています。

主な用途

  • スマートフォンなどに使われるセラミックコンデンサ
  • カーナビやゲーム機のジャイロなどに使われる圧電素子
  • 一眼レフカメラのレンズなどに使われる光学ガラス

ほう素製品のご紹介

当社は、クロム塩類の製造技術を基礎にほう素製品を開発いたしました。また、ロシア・BOR社のほう酸を厳しい品質管理のもと輸入販売しております。

ほう素製品

ほう酸・・・①

用 途

ガラス、染料、めっき、防腐剤、顔料、釉薬

精製ほう酸・・・②

用 途

電解コンデンサー、ガラス、原子炉制御材

酸化ほう素(無水ほう酸)・・・③

用 途

ガラス、触媒、フラックス

当社の事業について詳しく紹介しています。
是非ご覧下さい!

新日本電工大事典

ページの先頭へ戻る