日高 裕介さんHIDAKA YUSUKE
研究所 新素材開発グループ

大学院・先進理工学研究科にて応用化学を専攻。卒業後、新卒として2014年に新日本電工に入社し、研究所に配属される。研究・開発をはじめ、お客様へのプレゼンテーション、技術営業など幅広く担当。リフレッシュ法は、職場の仲間との飲み会で盛り上がったり、スポーツで汗を流すこと。

研究・開発から技術営業まで
守備範囲の広さが成長につながる

大学院の頃から学んでいた触媒の研究をはじめ、その他の研究・開発を当社で行っていることに魅力を感じ、入社を希望しました。研究者なので、1日中研究・開発をだけを行うのかと思っていましたが、実際はお客様に当社の技術についてプレゼンテーションしたり、そのための資料を作成したりと、幅広い業務を担当。プレゼンテーションは、きめ細かく指導してもらえるので無理なく身につけることができました。東京をはじめ、全国に出張に行く機会も多く、共同開発を行う大学教授の元を訪ねることも。多くの方々と関わりながら、研究だけでなくさまざまなことに挑戦できる環境に、やりがいを感じる毎日です。

シェア拡大を目指して
また世の中にないものをつくる

現在、自動車触媒に使用される紛体の開発を行っているのですが、当社の主力である合金鉄と比べると、まだまだ業界では後発組です。そんな中シェアを伸ばしていくには、”今の世の中にない技術をつくりだすこと”が課題。
以前、あるお客様から依頼がありました。そこで立てた仮説を立て、実験を行ったところ、仮説通り各数値で良い結果を出すことができました。このように、開発品の設計において仮説と結果が合致した時、大きなやりがいを感じます。
ただ、学生の時と違うのは、納期や契約獲得数の目標などがあること。これは、素材ごとに分かれているチームそれぞれで協力しあい、クリアできるよう努力しています。研究に集中できる環境でありながら、技術営業の経験も積める。外の世界とも広く関わることができるため、研究者として多くの刺激を得られます。

ある日の仕事の流れ
前日に、この日にどんな実験をするかということを決めておき、午前中は現場の方々に実験の方法を説明し、実際に実験作業をやってもらいます。その間に、私の方では午前中は他の資料作成などを行います。午後には、お客様との開発品の説明や企画提案などの打ち合わせ。15時頃には、午前中に行った実験結果が出てくるので、これを元に検討します。2週間に1度は報告会が行われ、チームごとに現在の状況を発表し、研究所全体で情報の共有を行います。
当社には若手をしっかりと育ててくれる上司がいて、研究者としてだけでなく、外でも活躍できるよう指導してもらえます。将来的には、さらにそのスキルを磨き、海外の学会での発表にも挑戦したいと思っています。
就職活動中の学生の皆さんも、会社見学会に足を運んだり、そこの社員の人達と話したりし、会社の雰囲気や実際に何をやっているのかを把握し、ぜひご自分の希望とマッチングする会社を選んでください。
7:30
出社
8:00
ミーティング
8:30
実験開始
10:00
資料作成
13:00
打ち合わせ
15:00
実験データ整理
18:30
退社
TOP